NEWS新着情報

今日のピーチサークル~やってみよ②~

『身近な素材新聞紙を使って』

今回は身近でかつ扱いやすい素材の新聞紙を使って遊びました。

のれんのように吊り下げた新聞紙は間を何度もくぐりぬけたり、両手で引っ張ってちぎったり。

ちぎった新聞紙は食べ物に見立ててアンパンマンの口へ運ぶことに夢中になったり、

さらに細かくちぎってヒラヒラと宙に舞う様子に見とれたり。

また大きくつなぎ合わせた新聞紙は全身でダイナミックにぶつかって破り広げてみたり、

屋根にして揺らして風を感じたり…と。

前回実施した時には大きくつなぎ合わせた新聞紙の上に乗る事へも

ためらいが見られた子がこの間の様々な感触遊びを経験する中で見せてくれた姿です。

新聞の素材の変化に子ども達も様々な表情が見られます。

 

「ビリビリ」と破る事で感じる手の感覚や音、

小さく丸める手先の動きなど

言葉では伝えられない素材から得られる感覚を大事にした遊びです。

また別のクラスでは新聞紙を丸めた棒を数本組み合わせて自分だけのオリジナルハウスを作りました。

ある子は壁の一部を覆わずに開けておいてそこから顔を出すことを楽しんでいました。

シールやペンを使って思い思いにデザインしたお家に愛着が湧き

「持って帰りたい」と言う子もいました。

 

最後にはみんなが作った家を利用してかくれんぼ遊びをしました。

新聞紙ってすごい!!っていつも新聞遊びをすると思うことです。

こんなに身近な素材が子供たちの遊びを豊かにしてくれます。

(今日の投稿♪スタッフ河内)