社会福祉法人 桃花塾

100周年バナー

福祉親善大使 桃花塾100周年記念 ゆるキャラももかちゃん

ボランティア募集

お問い合わせ

〒584-0008
大阪府富田林市喜志2067番地
tel 0721-23-2076
fax 0721-23-2016
E-mail tokajuku@m3.kcn.ne.jp

桃花塾広報誌「桃花だより」 桃花だより
桃花塾広報誌「桃花だより」最新版はこちらから桃花塾広報誌。
桃花塾館内マップ 桃花塾館内マップ
桃花塾の館内のマップです。
クリックすると拡大します。

苦情解決の内容について

トップ > 苦情解決の内容について

苦情・要望内容

 

平成17年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
8月 児童短期
入所利用
保護者
門の付近で、保護者の送迎の車が混雑し、危ないことがある。 混雑が予想される時間帯は、門付近の公用車を移動させ、送迎の為に出来るだけ広いスペースを確保するようにいたしました。
9月 近隣の方
より
桃花塾の樹木の枝が近隣住宅の敷地内に入り込み、落葉が多くてこまる。 申し訳ございません。その日の内に伐採し、申出者の方にご確認していただきました。

平成18年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
4月 児童短期
入所利用
保護者
4月から自立支援法が施行になり、利用料が高くなって利用しづらくなった。 自立支援法の自己負担金について、申出頂いた利用者の方がなぜこの金額になるのか詳しくご説明し、納得して頂きました。また、食費等実費負担分については、経営努力により、少しでも安くご提供できますよう今後も検討していく所存でございます。
6月 成人部
保護者
4月分の負担金の請求書がまだ送られてきていない。いくら払えばいいのかわからない。 自立支援法施行による制度変更にともなう、事務システムの変更、又各市町村の事務処理の違い等の理由により、保護者の皆様にお送りします請求書が大変遅くなってしまいました。申し訳ございませんでした。今後、遅れのないようにしていきたいと考えております。
7月 児童短期
入所利用
保護者
10月から日帰りの短期入所がなくなると聞いた。
継続して利用できるようにしてほしい。
自立支援法により、10月以降、児童短期入所が宿泊を伴うケースだけになる可能性があります。日帰り利用をされる方が10月以降も利用できるよう桃花塾としましても各市町村に要望を出すと共に同様のサービスをご提供できるよう、検討中です。決定しだいご報告させて頂きます。
11月 成人部
保護者
日曜日に桃花塾に掛ける電話が繋がりにくい。 日曜日については事務局が休みの為、電話が繋がりにくくなっておりました。
成人部、児童部にて携帯電話を購入し、日曜日及び緊急連絡用として活用することに致しました。

平成19年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
4月 児童短期
入所利用
保護者
短期入所利用時の子どもの様子を職員に聞いた所、直ぐに回答がなかった。 職員もローテーションで勤務している為、全ての利用者の様子を把握しきれておりませんでした。引継ぎ、申し送り等の体制を整備し、全ての利用者の様子を職員全員が把握できるように努力いたします。

平成20年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
4月 成人部
保護者
家に帰省した際、腕に噛まれ傷があった。迎えに行った時には、職員から報告は無かった。 前日に利用者同士のトラブルがあり、その利用者の受傷については当初に確認ができておりませんでした。後にアザとなり出てきましたが、気付きませんでした。申し訳ございません。今後、利用者の体調、怪我等今まで以上に十分注意いたします。
9月 歯科衛生士
さん
歯科検診時、利用者が歯科衛生士の指を噛む。受傷してしまい、感染症の心配を指摘される。 噛んだ利用者に直ぐに協力医療機関に受診してもらい、感染症の検査を行う。
結果、問題なしであり歯科衛生士さんにその旨報告させていただきました。
12月 地域自治体 毎月、地域の牛乳パックの回収をさせて頂いてますが、回収に来ていないとの連絡があった。 申し訳ございませんでした。
通所部のリサイクル活動にて、地域の皆様にもご協力していただいておりますが、内部の連携不足のため、回収が漏れてしまいました。今後、回収漏れのないように注意いたします。連絡いただきました後、直ぐに回収をさせていただきました。

平成21年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
7月 ケアホーム
近隣の方
夜間、ホーム利用者の大声が気になり、眠れない。
何とかならないか、との要望がある。
直ぐに支援スタッフとサービス管理責任者(苦情受付担当者)が訪問。前日、利用者が体調を崩していた旨、今後極力窓を閉める等の改善をする旨、お伝え致しました。また利用者本人にも理解できるよう支援していきます。早急に対応したこともあり、当方の事情もよく理解して頂きました。

平成22年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
3月 児童部
利用者
ご家族
利用児が施設内にて落ち着かないとの報告をよく受けるが、余暇時間等に利用児が好きな音楽を聞かせてくれるなど、利用児が安定する支援を検討してほしい。 利用児の余暇時間の過し方等、また落ち着かなくなる原因など詳しく報告させて頂きました。好きな音楽を聴くために専用のカセットデッキを用意しており、音楽を楽しんでいることもお伝えさせて頂きました。施設内の過し方について、報告が不十分であり、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げました。今後は、施設での過し方について細かくご報告させて頂きます。
6月 成人部
利用者
ご家族
帰省時に利用者の手足に数か所の虫刺されを発見。帰省から戻った際に対応した職員が「虫刺され程度」という認識であった。皮膚アレルギーもある利用者であり、十分注意をして頂きたい。 利用者個人個人の体質の把握、及び健康管理を徹底いたします。また今後は帰省時には利用者の体調報告について、蚊などの虫刺されについても治療経過を細かく報告することを徹底します。
11月 授産製品
販売先
授産製品販売時に、賞味期限切れの商品が混在していた。 誠に申し訳ございませんでした。
直ぐにお詫びさせて頂き、商品管理体制の見直しを図りました。

平成23年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
4月 児童部
保護者
児童部の建替えに伴い、工事期間中は仮住まい(金剛コロニー内)となったが、自宅から遠くなった。
帰省の際、公共交通機関では本人の移動が難しいので、タクシーを利用せざるを得ないが、金銭的にも負担が大きくなってしまう。
その為、毎月2回帰省していたところを月1回に減らしたい。
今回の建替えの趣旨(耐震化)、及び必要性について改めてご説明させて頂きました。
帰省回数については、保護者の意向通りにしましたが、帰省のペースが変わることで、利用者ご本人が不安定になることがないよう、帰省のない週末のプログラムを工夫、配慮致しました。
9月 近隣住民の
方より
当法人門扉の開閉音が大きい。
静かにしてほしい。
申し訳ございませんでした。
苦情を頂いた当日に、門扉の戸車を掃除しグリスを注入し、騒音が出ないように修理いたしました。
今後も定期的にメンテナンス致します。

平成24年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
7月 近隣住民の方より 法人敷地内の雑草を刈るのに電動芝刈り機を使用していたところ、音がうるさいので止めてほしい、との苦情がある。 早朝の時間帯から芝刈り機を使用し、騒音を出して申し訳ございませんでした。
今後は、芝刈りを行う時間帯等にも注意し、近隣地域の皆様に事前に調整をさせて頂く等、極力ご迷惑を掛けないように致します。
3月 リサイクル回収箱設置協力店の近隣店舗 当法人が設置させて頂いているリサイクル回収箱の周囲にリサイクル品以外のゴミが散乱している。
清掃等の協力をお願いしたい。
リサイクル回収箱に付けている
「アルミ缶・牛乳パック回収箱」の看板を大きくしました。
また、当法人にて回収に行く際は、周辺のゴミの清掃も行うように致しました。

平成25年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
3月 近隣住民の方より 深夜、当法人の敷地より目覚まし時計の音が鳴り続けている。夜中に鳴る設定になっていないか、確認してほしい。 確認しましたところ、利用者の作業場所に置いている温度計に付いている時計が目覚まし機能ONの設定になっており、深夜に鳴る設定になっておりました。目覚まし時計の機能のない温度計に変更を致しました。
ご迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ございませんでした。

平成26年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
1月 近隣住民の方より 桃花塾の樹木の枯れ枝、落ち葉等が隣家との間の溝に溜まっている。掃除して頂きたい。 申し訳ございませんでした。すぐに清掃させて頂きました。今後、敷地内の樹木整備を徹底致します。

平成27年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
3月 近隣カラオケ店より 桃花塾の通所の利用者が帰宅する際に、当店に寄り、お客様の部屋に入っていく事が数回あった。お客様の迷惑になるので、注意して頂きたい。 大変申し訳ございませんでした。
直ぐ利用者と懇談し、勝手に店舗に入っていく事を注意致しました。
利用者支援の中で、社会生活上のマナー等について支援する機会も増やしていきたいと存じます。

平成28年度

時期 申立人 苦情・要望内容 対応及び結果
2月 近隣住民の方より 桃花塾の敷地から煙が出ている。野焼きをしているのではないか?
臭いも気になるし、止めて欲しい。
申し訳ありませんでした。
野焼きではなく、チューリップ栽培用のビニールハウスにて温度管理用に薪ストーブを使用しており、その薪ストーブから出る煙が敷地外に出ておりました。
煙が出ない工夫をするなど、ご迷惑が掛からないようにしたいと存じます。

 

※ 当法人の第三者委員であるの名取琢自氏、吉村智子氏への直接の苦情等の相談は、現在ございません