社会福祉法人 桃花塾

  • 桃花塾ブログ

100周年バナー

福祉親善大使 桃花塾100周年記念 ゆるキャラももかちゃん

ボランティア募集

お問い合わせ

〒584-0008
大阪府富田林市喜志2067番地
tel 0721-23-2076
fax 0721-23-2016
E-mail tokajuku@m3.kcn.ne.jp

桃花塾広報誌「桃花だより」 桃花だより
桃花塾広報誌「桃花だより」最新版はこちらから桃花塾広報誌。
桃花塾館内マップ 桃花塾館内マップ
桃花塾の館内のマップです。
クリックすると拡大します。

苦情解決の内容について

桃花塾ブログ

2016. 2. 6 2016年 社会福祉法人桃花塾は100周年を迎えました✿

img077       

 

                      

梅の花 デコメ絵文字2016年 社会福祉法人桃花塾は

                          創立100周年を迎えました梅の花 デコメ絵文字

                     

✿  創立 100周年   ご挨拶 ✿

 

皆様におかれましては、

ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素、社会福祉法人桃花塾の事業推進にご支援賜り、

厚く御礼申し上げます。

桃花塾は、大正5年(1916)2月5日に「生命への畏敬」の理念のもと、

知的障害のある人達への福祉・教育支援事業を創業し、

平成28年(2016)2月5日に創立100周年を迎えることとなりました。

 

長い年月の間には、社会福祉情勢の大きな変化等がございましたが、

幾多の困難を乗り越えながら今日に至ることができましたのも、

皆様の多大なるご支援、ご協力の賜物と深く感謝致しております。

 

今後も地域に根ざし、利用される方々の価値ある生活の向上の為、

地域と共に発展し、貢献できる法人運営を目指してまいる所存にございます。

 

 

今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

外部式典は2016年4月23日(土)梅の花 デコメ絵文字

富田林市すばるホール・銀河の間にて行われます

 

 

 

                      

img077       

創立100周年記念日~桃花塾内式典一部~

 

2016年2月5日(金) 梅の花 デコメ絵文字

桃花塾内で外部式典に先立ち 厳かに内部式典が行われました。

オープニングには、ピーチベルズによる、トーンチャイムで「塾歌」が演奏され

ご来賓に桃花塾理事 鳥居美恵子様 長力幸子様も、お出席頂き、

鳥居様には、心温まるご挨拶を頂戴しました。 

 

梅の花 デコメ絵文字 創立記念日2016年2月5日は、桃花塾で内部式典の模様 梅の花 デコメ絵文字

創立100周年記念式典 式次第

 

DSC_0115  DSC_0013  DSC_0042

DSC_0128  DSC_0047  DSC_0121

DSC_0074  桃花塾の歴史 スライド上映 通所部  DSC_0103

梅の花 デコメ絵文字 創立記念日 内部式典の特別食 梅の花 デコメ絵文字

DSCN1055 2・5創立記念日食 DSCF0383

 

梅の花 デコメ絵文字  梅の花 デコメ絵文字

2016. 2. 29 100周年記念 ~通所部モニュメント 除幕式~梅の花 デコメ絵文字  梅の花 デコメ絵文字

 

img077

 

桃花塾創立100周年を記念して、

通所部では身近にあるアルミ缶を使用しての

モニュメントを制作しました。

 

 

061A4764

「アルミ缶アート」は、

昨年の夏前からアルミ缶の選別を始め、

アルミ缶のチップを切り出し、

コンパネに釘で打ち付けていきました。

「○○色が足りない」と言えば、回収してきたアルミ缶の山の中を探したり、

「肌になる色ってどうしよう・・」と言えば、お店やネットを使って探してみたり・・・。

約半年をかけて、利用者、スタッフが一緒に作り上げました。

出来上がったのはコンパネ(90×180㎝)4枚分。

 

そのお披露目を、桃花塾創立100周年記念式典に合わせ、

式典当日の午後に行いました

 

創立100周年 通所部モニュメントお披露目 式次第

まずは、作業風景の写真を撮りためていましたので、

みんなで頑張ったことを思い出していきましょうということで、

制作過程を上映しました。

061A4743 061A4749

その後、モニュメント設置場所へ・・・。

通所部ウッドデッキ横です。

通所部の「創立100周年記念実行委員」さんたちが、

除幕式の幕を、岩﨑理事長、岩﨑通所部施設長と共に

引っ張ってくれ、見事、皆様へのお披露目となりました。

DSC_0033  DSC_0034

061A4766    DSC_0019

 

 

みんなが協力して仕上げたモニュメントです。

お近くにお寄りの際には、ご覧ください。

DSC_0044

 

今は長期展示に備えて一旦取り外していますが、加工後、後日再度設置します。

061A4792

 

 

 梅の花 デコメ絵文字  梅の花 デコメ絵文字    2015年9月26日   梅の花 デコメ絵文字  梅の花 デコメ絵文字

 

img077

 

 

桃花塾創立100周年記念募金にご協力お願い致します

 

 

 

 

社会福祉法人桃花塾は、大正5年(1916年)2月5日に「生命への畏敬」の理念のもと、

知的障害のある人達への福祉・教育支援事業を開始し、

2016年2月には創立100周年を迎えます。

 

長い年月の間には、大きな社会福祉情勢の変化等がございましたが、

常に利用される方々の価値ある生活の向上に支援を続けてまいりました。

現在、桃花塾内の有形文化財指定を受けている本館や里山林の有効活用に尽力しているところです。

 

今後も引き続きニーズのある人々のために、

より質の高いサービスの創出、人的は勿論、環境の整備も含め、発展に努めてまいります。

つきましては、この主旨をご理解いただき、皆々様よりのご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

20150812100622864_0002ご寄附申し込みの要項

 

 

・寄附目標額 ・・・ 30,000,000円

・ご寄附額  ・・・ 1口 1万円より

(1万円未満のご寄附もありがたくお受けいたします。)

 

・払込方法  ・・・ 同封の郵便振替用紙に、

住所、氏名、電話番号、金額を記載の上、最寄りの郵便局に お振込をお願い致します。

 

・寄附申込みの期間 ・・・ 平成27年4月より平成29年3月まで

・寄附金の税金控除 ・・・ 寄附を頂いた翌年の確定申告により、

所得税法上の寄附金控除が受けられます。

 

ご賛同、ご協力いただけますみなさまに、上記、ご寄附のお願いの詳細パンフレットを

ご用意させて頂いております。

ご入用のみなさまに送付させてい頂きますので

下記 事務局まで、お問い合わせの程 宜しくお願い致します。

 

住所 : 〒584-0008

大阪府富田林市大字喜志2067番地

法人名 : 社会福祉法人 桃花塾

 

 

桃の花 デコメ絵文字 2016. 4. 20 ショップ~Pansy~に待望の看板ができました!桃の花 デコメ絵文字

img077

IMG_2651ショップ~pansy~リニューアル桃 デコメ絵文字

100周年記念に待望の看板が設置されました~

これから、このロゴが、ショップ~Pansy~の顔になります♪

どうぞ宜しくお願い致します( *´艸`)

IMG_2556

桃 デコメ絵文字桃花塾は、クリエイティブなスタッフさん揃いですが 
その中でもトップを狙う通所部 内海さんが看板のデザインを手がけました( *´艸`)

 

 

 

 img077

 

福祉親善大使 桃花塾100周年記念 ゆるキャラももかちゃん誕生!!

 

 

 

IMG_2702

 

くるくる桃 デコメ絵文字創立100周年記念事業のひとつとして、

製作コンセプトから、入念な企画会議を持ち、

 

福祉親善大使 桃花塾ゆるキャラ ももかちゃん

を制作いたしました。

 

おかげさまで、とっても可愛い♡ゆるキャラが誕生しましたくるくる桃 デコメ絵文字

 

待ちに待ったお披露目会の様子をご紹介しま~す ♪

当日は児童部 成人部 通所部から利用者の皆さんには、

何が始まるのかワクワク♡ドキドキ♡

遊戯室にて、ももかちゃんサプライズ登場

 

桃花塾に新しい仲間がやってきました~の合図で

誕生物語のはじまりはじまり~(映画の予告さながら♪期待が高まります~♪)

 

桃 デコメ絵文字 桃・・・

 

061A5193 061A5194061A5196

 

遠い昔から桃には病気や災厄を寄せ付けない

不思議な力があるとされ桃の木には精霊が宿るとされています。

今から100年前、まだこことは違う別の場所にあった桃花塾で

不思議な桃の力にあやかろうと1本の桃の木が植えられました。

一年後、桃の木は見事な実をつけたのでした。それはそれは美味しい桃だったそうです。

その後も桃の木は毎年のように実をつけ、その美味しい桃をみんなで仲良く分け合って

桃花塾にはいつもみんなの笑顔が溢れ幸せに包まれていたのでした。

061A5198061A5199061A5200

 

何年か経ったのち、桃花塾は見事な桃畑があった富田林のこの地へ

引っ越しをすることになり、

みんなで一緒に植えた桃の木と一緒に引っ越してきたのです。

桃畑にある桃の木はその後も長い間美味しい桃をみんなに届けてくれていたのですが、

いつの間にか実が育たなくなり、

桃花塾のみんなもここで桃が取れていた事を忘れさられてしまいました。

 

061A5201061A5202061A5203

 

桃の木に宿った精霊は

『またいつか私がみんなを幸せにしてあげらたらいいのにな~、

みんなの笑顔をそばで見る事が出来ればいいのにな~』

と願いながら奥山の奥の奥のそのまた奥で

ひっそり桃花塾のみんなを見守り続けていました・・・

時は過ぎ、

桃の木を植えてから99年目の2015年の運動会。

100年目を迎えるみんなの幸せと笑顔を願いを込めて、

みんなで桃の木をつくり

もう一度、みんなでたくさんの花を咲かせました。

 

061A5204061A5205061A5206

 

そのみんなの想いが奥山の桃の木に届き、

大きな奇跡を生み出したのです。

 

061A5207運動場でたくさんの花が咲いたあの瞬間、

桃の木に大きなつぼみが一つ出来たのでした。

つぼみは日に日に大きく大きく育ち、やがて大きな桃の実になったのです。

そして桃の木が、ちょうど100年になる日、

大きな桃の実が光り輝きそこから桃の精霊が生まれてきたのでした。

 

 

 

桃 デコメ絵文字  はじめまして~( *´艸`)

 

桃花塾 福祉親善大使 ゆるキャラももかちゃんで~す♪

みんな大歓迎ありがとうもも~

 みんなの笑顔が大好きです♪

楽しい声がするところには、どこでも行くももよッ

みんな仲良くしてね( *´艸`)♡

 

061A5343

061A5220 061A5224 061A5313

061A5252 061A5327 061A5356

 

桃 デコメ絵文字 参加者全員で記念撮影(お載せできなくてごめんなさい)

IMG_2887ももかちゃんからは、、

大好物ももかハァト デコメ絵文字ちゃんのお花クッキー

ももかハァト デコメ絵文字ちゃんポストカードをみんなにプレゼント ♪

(通所部ショップ~PANSY~にて発売中)

これから、色々なイベントに参加させてくださいね( *´艸`)♡

みなさん 応援よろしくお願いします

 

出演依頼・詳細は、桃花塾ももかちゃん応援隊 電話 デコメ絵文字0721-23-2076 (巣山 小阪)まで

 

 

 

桃花塾 100周年式典の様子① ~御礼~

はなっ デコメ絵文字 深緑の頃、貴殿におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます はなっ デコメ絵文字

img077

さて、桃花塾では本年創立100周年を迎えるにあたり、

この度、4月23日に富田林市すばるホールに於きまして、

記念の式典を挙行いたしました。

 

皆様の多大なるお力添えにより、無事執り行えたこと、深く感謝いたします。

誠にありがとうございました。

 

まずは一区切りではありますが、

この後も気を緩めることなく、「生命への畏敬」を理念とする先達の志を継承し、

そしてまた時代の要請に応えるべく、新たなことにも挑戦しつつ、

社会福祉事業に一層邁進していく所存でございます。

今後ともどうぞ変わらぬご支援、ご協力を賜りますように、宜しくお願い申し上げます。

 

はなっ デコメ絵文字記念式典の模様は、近日、ブログからも、ご紹介させていただきますはなっ デコメ絵文字

 

2016. 5. 9 桃花塾創立100周年記念式典の様子~理事長 挨拶全文~

img077桃の花 デコメ絵文字 御挨拶 桃の花 デコメ絵文字

 

皆様 おはようございます。

本日、桃花塾創立百周年の記念式典を挙行するにあたりご挨拶申し上げます。

 

 百年前、1916年2月5日に創立者岩﨑佐一は、

小学校教員現職のままで、認可を受けて自宅で桃花塾を開設致しました。

その時点より現在に至るまで大阪府をはじめ、大阪市、そして昭和9年に移転してきた富田林市、他、

関係機関および関係する皆様から絶大なるご指導・ご支援を賜ってまいりました。

ここに厚く御礼申し上げます。

 また、本日は、地元富田林市長様、ご来賓をはじめ、多くの方々がご多忙中にもかかわらず、

遠方よりも快くご出席いただき、重ねて感謝致します。

 

 さて、桃花塾の歴史を振り返りますと、どの時代においても、縁あって巡り会った方々のおかげで

今日に至るまで、ニーズある人々の支援を続けて来る事が出来たと実感致しております。 

最初は、1893年の国木田独歩と岩﨑佐一の出会いです。

独歩に導かれ、スイスの教育者ペスタロッチの思想・実践を知ります。

ペスタロッチの教育実践から出発し、その後さまざまな人々から学び、

教育を主軸とした福祉における科学的支援を追求していきます。

初期の20年間は、それこそ何度も施設存続の危機に見舞われましたが、

しかし、いつも運良く人々のご支援を得て事業を積み重ねて来ることが出来ました。

 

 現在地の富田林市喜志地区に落ち着いてから80年が経過していますが、

地元の方達からのご支援はもとより、国内外、多くの人々との出会い、そして新たな学びは今も続いています。

 25年前には、ペスタロッチの教育思想につながる「ジェントル・ティーチング」の創始者、

アメリカのジョン・マクギーとの出会いがありました。

 

 岩﨑佐一が大切にした「現実尊重」、マクギーの言葉では「今、ここで」、

そして両者共に、愛を育む実践であることを強調しています。

それぞれの表現は異なりますが、時代・国境を越えて共通した重要な教えになっています。

 

 私達は、桃花塾の理念「生命への畏敬」に

基づき、生きとし生けるもの全ての生命を尊重し慈しむことを大切にし、

事業を推進していくことを願っております。

 

本日、この会場にお集まり頂いた皆様のますますのご発展とご健勝をお祈り致しますと共に、

今後も変わらず、皆様のご指導・ご支援よろしくお願い申し上げます。

平成二十八年四月二十三日

 

                          社会福祉法人桃花塾

                          理事長 岩﨑 正子 桃の花 デコメ絵文字

 

 

img077

 

 

成人部全員による合作 ~100周年記念作品~

 

 

 

桃花塾100周年をお祝いし、成人部全員による合作、記念作品のお披露目会を行いました梅の花 デコメ絵文字

 

IMG_2374 IMG_2370

 

題名は[おもいでの風景]です。

IMG_2381

 

この絵の原画は、旧児童部に約20年間建て替えられるまで、

年少さんのお部屋の壁いっぱいに描き続けてきたものです。

成人部の皆さんは一人一色ずつ思い思いに塗ってくれました。

何度も何度も色を重ねていくうちに自然としっかり形が整ってきました。

成人部の全員が参加し、とても色鮮やかで思い出に残る作品が出来上がりました♪

最後は参加者で記念撮影をパシャリ♪
(記念写真)

 

IMG_2378 IMG_2379

 

 梅の花 デコメ絵文字 100周年おめでとうございます  成人部1同より 梅の花 デコメ絵文字

 

100周年式典の様子②~ご来場時 トッピーとももかちゃんがお出迎え~

img077

 

 

2016年4月23日 AM9:00

創立 100周年記念式典開場です

 

 

桃花塾 福祉親善大使 ゆるキャラ ももかちゃんがみなさまをお出迎えくるくる桃 デコメ絵文字

IMG_0399

デビューしたての初のお外のイベントの参加にドキドキのももかちゃん

力強い助っ人登場

兄?姉?分のように

富田林市のイメージキャラクター トッピーちゃんも応援に駆けつけてくれました

くるくる桃 デコメ絵文字トッピーちゃんありがとうございます( *´艸`)くるくる桃 デコメ絵文字

桃花塾ももかちゃんゆるキャラ先輩にリードされ、ゲストのみなさまに初のお目見えくるくる桃 デコメ絵文字

 

_1040908

遠方より式典にお集まりいただいた皆様にも

朝からホッと一息ついていただけたようで

お褒めのお言葉と応援を頂き

和やかな雰囲気の中、お迎えすることができましたくるくる桃 デコメ絵文字

IMG_2881IMG_2882 DSC_0145

IMG_2884IMG_2885P4230178

 

P4230179 P4230180

 

児童部 創立100周年記念製作~ハーブガーデン~

img077

 

ラベンダー デコメ絵文字児童部では、創立100周年を記念して、ハーブガーデンを作りましたラベンダー デコメ絵文字

一年をかけて、みんなで一緒になって作った

ハーブガーデンのお披露目会を5月28日(土)に行いました。

 

001  002  003

最初は、遊戯室で、お話と製作過程の映像を上映。

004   005

スコップ デコメ絵文字 そして、ハーブガーデンで、テープカットと記念撮影を行いました。

 

 

014

児童部の全員で力を合わせて作ったハーブガーデンですラベンダー デコメ絵文字

 

006 007 008

009 010

 

みんなの思い思いのメッセージの入ったプレートが、とても楽しそうな雰囲気ですスコップ デコメ絵文字

012  011  013

ガーデンの中には鉢植えで作ったお人形が2人と、桃花塾のゆるキャラ「ももかちゃん」もいてますスコップ デコメ絵文字

 

ラベンダー デコメ絵文字 桃花塾創立100周年 おめでとうございます。 児童部一同 ラベンダー デコメ絵文字

 

 

img077

100周年式典の様子③~開会の辞・ピーチベルズ演奏

           写真で綴る『桃花塾の100周年』~

 

今回は100年式典の開会からの様子③

IMG_0417

 

クローバー 写真 デコメ絵文字午前10時、定刻となり、

開会の辞(総合司会 葛井 展子)

厳かな雰囲気の中、

100周年式典が始まりました。

 

 

 

ベル デコメ絵文字 オープニングは、

桃花塾(利用者・職員 有志)ピーチベルズの ~トーンチャイム演奏 『塾歌』~

トーンチャイムを指導して下さっているハッピーベルズ様

この日のために、楽譜を新たにアレンジしてくださいました。

 

会場には、心地よいトーンチャイムの音色が響き渡り

バックには、桃花塾、満開の桜の運動場が、映し出されました。

_1040993 IMG_0453

IMG_0439 IMG_0444 IMG_0448

 

クローバー 写真 デコメ絵文字 演奏に引き続き、写真で綴る、

『桃花塾の100年』が上映されました。

 

白黒で映しだされた、創立当初からの取り組みや各種イベント、

現在に至り、カラー写真になるまでの桃花塾の風景画など、、、

厖大な写真資料より、厳選しました、計84枚の写真。

歴史を感じていただけましたでしょうかクローバー 写真 デコメ絵文字

DSC_0167 DSC_0168

DSC_0169 _1050022 _1050029

 

 

100周年記念式典の様子④~ご来賓紹介・感謝状贈呈・永年勤続職員表彰~

 

img077

トリ&クローバー  左 デコメ絵文字 今回は、

100周年式典、ご来賓祝辞を賜りました皆様のご紹介

感謝状の贈呈、および、永年勤続職員表彰の様子を

ご覧ください。

IMG_0475

 

 

大阪府知事 松井一郎様(代読)、富田林市副市長様、

一般社団法人大阪知的障者福祉協会長 安本伊沙子さま、ご家族代表 寺内嘉一様より、

ご来賓御祝辞を賜りました トリ&クローバー  右 デコメ絵文字

ご来賓のご紹介

日本知的障害者福祉協会長 橘 文也様、富田林市議会議長 奥田良久さま、

元大阪府知事 中川和雄様、オランダ総領事ローデリック・ウォルス様代理、

副領事 ハイス ヴァン・スカイプ様、オランダ経済相企業誘致局駐日代表 ハンス・カイパース様

FotorCreated1 FotorCreated

FotorCreatedFotorCreated2FotorCreated3

 

 

感謝状贈呈 ご芳名 トリ&クローバー  右 デコメ絵文字

田中康夫様 富田林田中病院、松浦 隆様 松浦内科・循環器科院長、

青谷正佳様 見具久留御霊神社 宮司、南大阪小児リハビリテーション病院・歯科様、

ダルビッシュセファット・ファルサ様 フェダルマネージメント有限会社代表取締役、

仲岡悦子様 桃花塾後援会長、谷本義明様 谷本産業株式会社 代表取締役社長、

森口善継様代理キヨミ様 森口商店、豊田雅典様 みよし食料品店、

南貞子様 ミナミ薬局、

 

061A6430

各方面から頂きました、ご祝電の一部です( *´艸`)皆様、ご多忙の中、ありがとうございました

 

40年勤続職員表彰 トリ&クローバー  右 デコメ絵文字

犬山尋道、寺田寿美子、永橋正人、内海栄一、浜名弘三、

30年勤続職員表彰 トリ&クローバー  右 デコメ絵文字

吉田和美、三田智彦

 

皆様の多大なるご支援に心より御礼申し上げます トリ&クローバー  右 デコメ絵文字

 

 

 

 

100周年記念式典の様子⑤~制作品紹介・通所部~

 

 

img077

100周年式典にて、

 

桃花塾 通所部100周年記念モニュメントの制作工程の模様を

お越しいただいた皆様にもご覧いただきました

 

DSC_0044

FotorCreated 1

式典当日は、通所部にて、長く就労されているお二人の利用者が代表でスピーチ

 

6か月に渡る製作期間、回収したアルミ缶を小さく裁断し、さらに平らに伸ばす工程、

カラーの色分け、下絵の準備、

そして、小さな釘を1本1本、使った釘は8000本、

丁寧に打ち込んで仕上げていくという途方もない作業の結果完成した様子を

ドキュメント映像にて上映しました。

DSC_0218 _1050293

 

 

制作発表の様子は、上記桃花塾 通所部100周年記念モニュメントの制作リンクから、

もしくは100周年annversaryバナーよりご覧ください

 

 

img077

式典の様子⑥~アントニーA.J.ミレナー(通訳:合田孝典)

 

くるくる桃 デコメ絵文字 感謝の言葉 くるくる桃 デコメ絵文字  (発表全文)

 

Appreciation for 100 years Creativity &Innovation in Tokajuku

Short  speech from A.A.J.(Anthony)Millenaar from The Netherlands.

桃花塾100周年の想像力と革新への感謝

ミレナー顧問

Ohayougozaimasu  ;  Minasan(Good morning;Ladies &Gentlemen)

you just have seen slides with the real meaning of Creative by the people in Tokajuku.

みなさん、こんにちは、 今ご覧になられた、桃花塾のお二人による発表の内容で、

皆さんは、創造力の本当の意味をおしりになられたと思います

 

As you realized from this presentation of  this wonderful piece

of Art it is not just made by a special talent of one person but it has

been created by so many people which we call :General(or collective)Creativeness.

お気づきの通り、この素晴らしいアートの発表は特別な才能を持つ一個人によるものではなくて、

たくさんの人々によって創造されました。これを私たちは、総合的、もしくは集合的創造性とよびます。

 

The start and realization of  such a wonderful project is only

possible  when one or more `Pioneers `get creative ideas to start  a

project of innovation. After that they need the ability to call the

creativeness of the people and motivate them to realize such aproject.

It is only possible when all people are able to cooperate

from `bottom up`

この素晴らしいプロジェクトの始まりと実現は、先駆者が1人で、

あるいは2,3、人により創造的なアイデアを得て、

革新的なプロジェクトを始めた時に可能になります。

プロジェクトを始めてから先駆者たちは、他の人の創造性を呼び起こし、

プロジェクトが実現できるように彼らの意欲を駆り立てました。

全ての人々がボトムアップからの協力ができて、このようなプロジェクトが可能になります。

 

I think this is a very good Metaphor  for the way the Pioneer

Saichi  Iwasaki Sensei started the organization Tokajuku  ;  now 100 years ago.

He could implement such a new plan because he thought

in a creative and innovative way-which we call nowadays`Out of the Box thinking

`このことは、先駆者の岩﨑佐一先生が100年前に桃花塾を始めた方法についての、

とても良いメタファーだと思います。彼はこのような新しいプランを実行することができました。

何故なら、彼は、創造性と革新性を考えていたからです。今日では、従来の枠にとらわれない思考、

すなわちOut the box thinkingと言います。

 

If an occasion arises, I would  like to tell more about this way of

thinking. In this Appreciation  speech I briefly  want to say that

Iwasaki  sensei Sr could start this innovative support for vulnerable

people 100 years ago,which was hardly before this time in the history of Japan.

別の機会に、私はこの思考方法についてもっとお話しをしたいと思います。

このスピーチでは簡潔に、それは、弱者のためのこの革新的支援を100年前に始められましたが、

それは、その時期の日本の歴史の中ではとても理解されがたいものでありました。

 

In the meantime he also  studied all kind of wisdom from the

Eastern and the Western Culture . Especially from Philosophers and

Educationalists, like Pestalozzi, who published about new ways of

education and welfare for children more than 100 years ago.

(you can read  much more about this  in the Booklet `100 years history of Tokajuku`)

その間、彼は、西洋、東洋の文化から多くの英知や見識を勉強しました。

哲学者やペスタロッチのような、教育者から影響を受けました。

特にペスタロッチは100年よりずっと前に子供の為の教育と福祉の新しい方法を広めた人です。

このことについては、桃花塾100年の歴史の冊子をご覧ください。

 

One matter I want to emphasize in this  context  that Saichi Iwasaki sennsei

had a special talent to implement  all these findings and moreover,

to motivate people start  this new projects together with him.

この文脈において私が、強調したいのことの1つは、岩﨑佐一先生は、

多くの勉強をして理解したことに加えて,彼と共にプロジェクトを始める人たちに

意欲をもたらすことができました。彼は特別な能力を持った人でありました。

 

This motivation has been transferred from the one to the other

generation inn spite of many difficulties in each period, which causes

sometimes fear, until nowadays.

この動機付けは、今日まで多世代に渡り続いています。

例え、多くの困難があっても、それは、現在に至るまで続いていますが、

時には恐怖すら伴うことがあります。

 

This innovative way of working inTokajuku ,I experienced for

the first time 30 years ago, when I was invited because of the 70

years Anniversary. I was  asked to give a speech about my  experiences

with projects of Community Services in the Netherlands.

この桃花塾での革新的方法は、私が30年前に創立70周年記念に招待されたときに始めて体験しました.

私は私のオランダにおけるコミュニティサービスの体験についてスピーチを依頼されました。

 

In this tradition of starting innovative projects the key people of

Tokajuku were eager to transfer my experiences in their community

of  the Kasai area.Moreover I could lean,during my stay inTokajuku,

the deep meaning of Quality of Life with respect for all creatures .

I am  really happy that I got the opportunity ,as a Senior Adviser until today,

to cooperate in this process of innovation and I would like to express my appreciation in this speech.

革新的なプロジェクトをスタートさせる伝統を持つ桃花塾において、

中心的なスタッフはオランダにおける私の体験から、

この関西地区 で地域におけるケアサービスの在り方に、

私の体験を応用できないかと熱心でした。それ以上に私は、桃花塾の滞在中に

生きとし生けるものを敬うことでQOLの意味をより深く学ぶことができました。

私はこのような機会を得ることができて、

今日までシニアアドバイザーとして革新的過程に協力することができとても光栄です。 感謝いたします。

 

During this process we found together that  exchanging

knowledge and experiences is the real  meaning of what is called in Psychology :`Reciprocity`

私たちは知識と経験を交換をしていく過程で、

心理学でいうところの互恵主義の真の意味を見つけ、理解することができました。

 

Because of sharing we could  start with Cross Cultural

studies about the improving of the Quality of Life for people with

special needs in various cultures.First of all in Japan the

Netherlands and later on in cooperation  with colleagues in other countries.

These experiences also motivate us to find possibilities (and fund)

to support professionals who are working in Community  based projects in developing countries -like Indonesia.

この共有により私たちは多様な文化の中で特別なニーズのある人々のQOL向上について

異文化研究をはじめることができました。まず第一に、

日本とオランダ、そして続いて他の国々の仲間と一緒に協力、連携していきました。

例えば、インドネシアのような、発展途上国において、

地域に根差したプロジェクトで働く専門家の人々を支援する可能性、

資金も含めてですが、見出す意欲を私たちにももたらしました。

 

After these 100 years innovative examples,I am sure that

next generations create the possibilities to develop  new projects for

people who need this in a real Welfare State.

これまでの100年間におけるイノベーションのたくさんの例は、本当の意味での福祉国家になるように、

次の世代では、新しい様々なプロジェクトを発展させるであろうと、私は確信しています。

 

As Albert Schweitzer-the  famous doctor who started a

innovative medical center  in Africa  more than 100 years ago, once emphasized

`The purpose of human life is  to serve and show Compassion and the  will  to help others`

アルバートシュバイツァー100年以上前にアフリカでの革新的な医療センターを始めた有名な意思は、

次のような言葉を1つ強調しました。

人生の目的とは、仕え、深い思いやりを表し、他者を助ける意思のことです。

 

So I wish all people of Tokajuku  , to  keep this Compassion in

the continuous process of  creative innovation.

ですから、桃花塾の皆さんが、創造的な革新の続く過程において、

真の思いやりを持ち続けることを願っています。

 

IMG_0659Finally  I would  like to appreciate all people who have been

supporting and still support Tokajuku

Thank you for your attention

最後に会場の皆様に感謝を申し上げると共に、

今後も桃花塾へのご協力を宜しく御願い致します。

ご清聴ありがとうござましたくるくる桃 デコメ絵文字

 

 

img077

100周年式典の様子⑦~記念演奏~

 

 

P4230256

音符 デコメ絵文字創立100周年を祝い、毎年、CABSのふれあいコンサートで

素晴らしい演奏を披露していただいているエンキ様が

桃花塾七夕祭りにご一緒に演奏していただいている伴奏者、山下様とともに、

記念演奏をしてくださいました。

 

 

演奏曲目は、音符 デコメ絵文字 『喜洋々』 『シルクロード幻影』 『トルコ行進曲』 『桃花の賛歌』 『龍』 5曲

 

 

音符 デコメ絵文字 『桃花塾の賛歌』 は、創立100周年を祝い

エンキ様自ら桃花塾をイメージした素晴らしい作曲を披露てくださいました。

DSC_0260

 

青い鳥(クローバー・左) デコメ絵文字     エンキ様からのメッセージ(全文)  

DSC_0249

青い鳥(クローバー・左) デコメ絵文字 桃花塾のみなさん100周年、おめでとうございます。

記念すべき日を共にお祝いできることを私も幸せに感じます。

この度音符 デコメ絵文字『桃花の賛歌』という曲を作りました。

曲の初めは、ももの花咲く豊かな自然をイメージして散策していると、

綺麗な花びらに蝶が舞い、小鳥のさえずりなどが聞こえてきます。

2部は、創立者の精神の源に帰り、心の優しさを、

雪のふりそそぐ景色や小さな雨音としてリズムを奏でました。

3部は桃花塾のますますのご発展を心を込めて表現しました。

今日、本当におめでとうございます。

感謝!

DSC_0233 DSC_0260 P4230239

img077

100周年式典の様子⑧~主催者謝辞~

 

 

くるくる桃 デコメ絵文字 主催者謝辞 くるくる桃 デコメ絵文字

 

 

IMG_0822

 

常務理事の宮本でございます。

本日は長時間にわたり、皆様の多大なご協力を賜り、

お陰をもちまして、盛会のうちに

桃花塾創立100周年の式典を閉会させていただけることに

厚く御礼申し上げます。

 

心温まるご祝辞を頂戴しましたご来賓の皆様、

またこの記念すべき日のために「桃花の讃歌」を作曲いただき、

素晴らしい音色を奏でてくださいました、エンキ様、山下様、

そして本日ご出席いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

100周年という長い年月の間、支え続けて下さっっている皆様。

ご尊父様の世代からお孫様のの世代へと受け継いで支援を続けてくださっている方々もいらっしゃいます。

どのような時にも、このような皆様の温かいお気持ちに励まされ、心強い想いで、

着実に今日まで歩んでくることができました。

 

私たちは、桃花塾の歩みを通して、人と人とが、

また人間と他の生物とが、共に存在すること、そのこと自体に価値をみいだし、

人として生き、生かされることを学んできました。

100周年を経て、今日からまた、新たな一歩を踏み出そうとしております。

どうぞ今後も変わることなく皆様のご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

簡単ではございますが、謝辞とさせていただきます。

ありがとうございましたくるくる桃 デコメ絵文字 くるくる桃 デコメ絵文字 くるくる桃 デコメ絵文字

 

img077

100周年式典の様子⑨ 第2部

~いのちを育む桃花塾の環境と施設~

 

森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字 2016年4月23日(土)森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字

創立100周年式典が、すばるホールにて開催された後、

午後からは、桃花塾にて、第2部が始まりました

IMG_6676 20170223150951216_0001

森ガール デコメ絵文字講演者には、

この100周年式典に、多大なるご支援、ご協力いただきました

山形政昭様、福原成雄様をお招きし、

~いのちを育む桃花塾の環境と施設~の講演会・見学が開催されました。

_1050598DSC_0315

 

森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字 見学風景 森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字

バスでいらした皆様を welcomeももかちゃん・桃花塾スタッフが

若葉が茂る塾内にお出迎えし、

リニューアルされた通所部ショップpansy・その他、塾内の昼食会場へとご案内しました

 

FotorCreated3 昼食4

IMG_81323 DSC_0443

 

昼食後、講演会場 遊戯室へ、

~いのちを育む桃花塾の環境と施設~

森ガール デコメ絵文字山形氏 講演演目「桃花塾の歴史的建築と活用」

森ガール デコメ絵文字福原氏 講演演目「桃花塾の緑と活用」

1 2

 

20170223150951216_0003森ガール デコメ絵文字 講演後は里山活動を指導していただいております

山形氏、福原氏、松川氏に塾内マップで解説していただきながら、

桃花塾の有形文化財本館・里山を見学していただきました

 

 

FotorCreate19 5

6 7

 

~いのちを育む桃花塾の環境と施設~

 

_1050770

森ガール デコメ絵文字一同、生命への畏敬 を胸に、

新たに始まる明日がまた、実りある日々でありますように、

利用される方々の価値ある生活の向上の為、

地域と共に発展し、

貢献できる法人運営を目指していきたいと思います。

 

皆様、変わらぬ温かいご支援ご協力賜りますよう、

宜しくお願い申し上げます ありがとうございました。森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字 森ガール デコメ絵文字

 

 

 

 

 

img077

桃花塾創立100周年

日本ジェントルティーチング研究会創立20周年記念

 

 

FotorCreated1

 

青い鳥(クローバー・左) デコメ絵文字10月25日、10月26日の2日に渡り、

桃花塾創立100周年・日本ジェントルティーチング研究会

創立20周年記念ワークショップの

合同プログラムとして開催されました。

 

 

今回のテーマは

青い鳥(クローバー・左) デコメ絵文字~平和への願いをこめて~』

 

記念シンポジウムでは、人々がともに支えあい、分かち合うには、

どのような組織づくり、町づくりにしていけばよいのか、、

日本・オランダ、両国の両国の研究や実践からお話しいただきました。

FotorCreated9 FotorCreated6

 

 

FotorCreated7ジェントルティーチングは、家族、学校、職場、地域などの

生活の場にうまくとけこめず、疎外されている人々を暖かく援助し、

豊かな生活を共に分かち合うことをめざす、

『力に依らない』対人援助の理論と方法です。

ワークショップでは、日本各地の支部での個人やグループを対象とした

ジェントルティーチングの実践について、報告していただきました。

 

 

FotorCreated10  5

 

青い鳥(クローバー・左) デコメ絵文字~『平和への願い』~ 誰もが希求する永遠のテーマですが、

対人援助を担う私たちひとりひとりが、手をたずさえ、共に実践を重ね、

歩みを続けて行くことで、

決して届かぬ願いではなくなることを確信しています青い鳥(クローバー・右) デコメ絵文字

 

FotorCreated3 FotorCreated2

 

一覧はこちら